アートって面白い2

記事が気に入ったらシェアお願いします。

(修正7月9日)アートの面白さについて

自分が面白いと思うアートは「違和感」を感じるもの。

なんか変だぞ、なんだこれは、という感覚が面白さにつながっていると思う。

そして、好きな人は好きで嫌いな人は嫌いでいい。

自分が創りたいものを創る、それを貫くのがアートのもう一つの面白さだと思う。

アートは、芸術を見てきた数や自身の考えた方が影響して、人によって受け取り方がだいぶ違ってくる。

「面白さ」を作り出すには、固定概念を壊すことが一番大事だと私は思っている。

絵を描いていると絵の先生に面白いって言われることがある。

沢山勉強してきた人ほど、絵や芸術はこうあるべきものという固定概念を持っているので反応してもらえるのだと思う。

まあ私は絵の技術はないし、これで食べていこうなんてまったく思っていない。(書道の方はうまく行けばビジネスになるかなと思っている笑)

ただただこの挑戦していると色々な発見があり、楽しい。

やっぱり、アートって面白いな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアお願いします。

お気軽にフォローしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク