ベトナムの孤児院で盲目のピアニストに出会った。

今回のベトナム遠征で特に印象に残ったことをいくつか書かせて頂きます。
ホーチミンにある孤児院での出来事。
パフォーマンス後、子供達が御礼にフラフープの曲芸を披露してくれました。
 04104

その後、担当者の方がこの子はスペシャルだからと紹介してくれたのが、盲目のピアニストの女の子。

04102

その女の子のピアノの演奏が始まりました。近くで見てましたが、流れるような指さばき、心地よい音。

生のピアニストの演奏を見たのは数回しかありませんが、今までに見たピアニストと引けをとらないうまさ。
終わった時は思わず、大きな拍手。
 s04103

ベトナムにきてこんな素晴らしい音色を聞けるとは思っておりませんでしたので更に感動しました。
音だけを頼りにどのくらい練習したらこのレベルになれるのか、わからないですがとてつもない練習量が必要だと思いました。
演奏後、盲目の女の子から「ハート」のバルーンアートが欲しいと直接リクエストがあったので、すぐにつくり、ハートの形を手で一緒に誘導して形を確かめた後プレゼントしました。
それをあげた時に少しだけ表情が和らいだのが嬉しかったです。
言葉がわからなくても、姿が見えなくても、心が通じあえることを感じた瞬間でした。

0410

女の子の演奏で自分の心を癒してくれたように、私も心に残る幸せなひと時をできるだけ多くの子供達にプレゼントして行きたいと改めて思った出来事でした。