なぜボストンに行ったのか

本場クラムチャウダーを食べに行くため

ハーバード大学に行くため

ではなく

ミレーの「種をまく人」を見るため。

これは去年フランスにいたときから決めていたこと。

フランスにいたとき、いろいろな美術館めぐりをしました。

僕がフランスの中で一番お気に入りの美術館、オルセー美術館にある

「晩鐘」を見てミレーの絵が大好きになった。

彼が書く絵は、農民の人の様子を描くのだが、タッチがやさしく、

メルヘンチック(私的)、人間の内面まで描いているように思える。

「晩鐘」を見たときより感動の量は少なかったが、それでも見れて本当によかった。
CIMG8624